本文へスキップ

○国連総会において、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とされ、世界各地において自閉症に関する啓発の取り組みが行われています。

ポプラ会とはASSOcIATION

概要

創立記念日
昭和42年(「北海道情緒障害児父母の会」として)
団体名
北海道自閉症協会 札幌分会(通称「札幌ポプラ会」)
連絡先
〒060-0808  札幌市北区北8条西3丁目
        札幌エルプラザ2階
札幌市市民活動サポートセンター内レターケース番号193
D-FAX   020-4669-9661
会員数
200名(平成27年5月現在)

○ 札幌ポプラ会の沿革

 北海道自閉症協会札幌分会(通称:札幌ポプラ会)は、自閉症児・者の保護者を中心に、北大、道教育大、札幌医大、その他関係機関の先生方よりご協力いただき、昭和42年に結成された団体です。結成当時は「北海道情緒障害児父母の会」という名称で、「自閉症」という困難な障がいがマスコミに取り上げられ始めた時代に、ほとんど「無」であった自閉症福祉を増進するために、30名の会員が最初の一歩を踏み出しました。

 その後、全国組織として昭和43年に「自閉症児・者親の会全国協議会」が結成され、平成元年には専門家や協力者も加わって「社団法人日本自閉症協会」として活動を開始しました。

本会は、平成17年度まで「札幌自閉症児者親の会」という名称で活動してきましたが、平成18年度より親、本人、支援者が対等な立場で活動できるように「日本自閉症協会北海道支部札幌分会(通称:札幌ポプラ会)」に名称を変更しました。そして平成20年度からは、「一般社団法人日本自閉症協会」や「北海道自閉症協会」といった上部組織の組織変更に伴い、「北海道自閉症協会札幌分会(通称:札幌ポプラ会)」として、新たにスタートしたところです。

なお、「北海道自閉症協会」には現在10の分会があり、それぞれが地域の実情に即した活動を行うとともに、相互に連携し、北海道における自閉症児・者およびその家族・支援者等のために活動しています。
(※旭川分会・小樽分会・オホーツク分会・北広島分会・釧路分会・札幌分会・十勝分会・苫小牧分会・道南分会・根室分会・・・五十音順)

★全国の自閉症協会はこちら・・・
 ただ今作成中m(_ _)m
★北海道自閉症協会の分会はこちら・・・
★札幌ポプラ会と他機関との関係イメージ図はこちら・・・

どんな活動をしているの?

・会報誌「ぽぷら」の発行
・自閉症の理解・啓発のための活動
・講演会・学習会の企画・開催
・高機能部会活動
・ホームページ上での情報提供
・医療、福祉、教育、就労の充実のための行政への働きかけ
・全国の関係組織との連携
・きょうだい会をはじめ他の団体との交流
・会員相互の交流・茶話会

※PDF版パンフレットはこちら

また、会員は、本会を通じて、上部組織の「一般社団法人日本自閉症協会」「北海道自閉症協会」の活動にも参加しますので、次のような情報提供などが受けられます。
社団法人日本自閉症協会 : 機関誌、「いとしご」(隔月)・「かがやき」(研究誌・年1回)の提供
北海道自閉症協会    : 機関誌、「ともしび」(隔月)の提供
一般社団法人日本自閉症協会  : 専門家による電話・面接相談を予約制で行っています。(会員は無料)
               (問い合わせ先:相談専用電話 03 3545-3382)

規約・細則はこちら・・・規約・細則


Access

札幌ポプラ会に専用の事務所や専属の事務員はおりません。
事務局会員が親業の傍らお手伝いさせていただいています。
(札幌ポプラ会は、北海道自閉症協会の傘下にある全道10分会の中の1つです)

〒060-0808
札幌市北区北8条西3丁目
札幌エルプラザ2階
札幌市市民活動サポートセンター内レターケース番号193
(A4厚さ5㎝程の引き出しの為 入らない物は受け取る事が出来ません)

D-FAX:020-4669-9661
(※詳しくはサービス提供会社のサイトにてご確認下さい)


『会報ぽぷら』は、
毎月10日頃発行しています。

件名に記載の無いメールは受信されませんのでご注意下さい。